一般社団法人富山県児童クラブ連合会 (略称:県児ク連)
 会員は幼児.小学生.中学生.ジュニアリーダー.育成者.指導者で構成され 約68,000人です。
[ホーム] [県児ク連] [実施事業] [安全共済会] [指導員養成] [事業支援] [関連団体]

実 施 事 業

 指導員養成講習会
 コア(中核)リーダースタディ研修会
 指導員研鑚会
 県市町村児ク連役員研修会
 KYT初級指導者講習会
 ジュニアリーダースクリーング
 ふるさと再発見事業
 児童クラブ大会
 児童福祉キャンプ
 児童クラブだよりの発行 (地区別対象事業)
 安全教育推進事業 (県児ク連単独事業 県内会場)

 地区インリーダー・ジュニアリーダー研修会 (県内4会場)

 児童組織活動強化事業

  「遊びの啓発・講師派遣」事業(遊びの啓発、出前講演会、県内3ヵ所

  「遊びの広場創造」事業 (県内15ヵ所)

  「遊びのサポートリーダー」派遣事業 (上記も含め延べ180名)



支 援 活 動 に つ い て

  子どもにとって、(あるいは大人でも)もっとも受け入れやすいことは ”遊び” です。

 そこで、一般社団法人 富山県児童クラブ連合会では、次のような支援活動を行なっています。

 "遊び" を通して、「友達作り」を応援します。

    ・友達は人生を豊かにしてくれます。またコミニュケーション能力が向上します。

    ・自分の存在に意義を感じ、自分も他人も大切にするようになります。

 "遊び" を通して、「自信を高める」を支援します。

 "遊び" を通して、「親子関係や人間関係の強化」を支援します。

    ・それぞれの人間関係が深まれば、家庭問題や、地域問題の発生が抑制されます。

 "遊び" を通して、「地域融和と治安維持」に寄与します。

 "遊び" を通して、安全能力の向上を 支援します。

    ・KYT活動等で、自分で自分の身を守るという自覚を強め、その方法を伝えます。周囲で守ること には限りがあります。


--------------------------------------------------------------------------------

 人間にもっとも必要なものは何?  生きる意欲

 ・子どもの場合に、自分を肯定できる「自信」をもって貰うために、やさしくて楽しい”遊び”を提案しています。

 子どもに必要なものは何?  幼なじみ的な『友だち』

 ・どんなことでも話せる(孤立の予防)
 ・相談できる(同世代で共感しあえる・理解者になって貰える)
 ・励まし合える(嫌なことも乗り越えられる、不登校・引きこもりの予防)

 子どもの「成長」に必要なものは何?  『自信』

 ・子どもにとって最も関心のある”遊び”を手段として、『成長』に必要な『経験』や『知識』を如何に身につけて貰うか考えながら、活動支援に当たっています。